勃起できなくなる原因とは?

■一体、勃起が起こらなくなる原因はどのようにして起こるのか
勃起をするには、体内でとても複雑に様々な仕組みを経て起こっています。
その中の1箇所にでも不具合が出れば、上手く勃起がしなくなり、EDが起こってしまいます。

【EDの原因は、肉体面や精神面どちらにあっても起こります】
年齢を重ねてくると、いざ勃起しなかった時は年のせいにしてショックを軽減できますが、若い年代で勃起しなかった時は、それは精神的ダメージは計り知れません。
EDの有病率は、加齢と共に高くなります。
これは、加齢により様々な病気のリスクが増えてきて、病気が引き金となってEDになるケースがあるからです。
EDは老化だけが原因で起こるものではありません。
勃起する為の体のメカニズムの一部に不具合が出れば、勃起はしなくなってしまいます。
こういった、原因が体にあって起こるEDを器質性EDと言います。
器質性EDには、男性ホルモン不足、神経障害、血管障害、海綿体に障害があるなど、様々な原因があります。
また、勃起に大きな影響を与える精神面が原因で起こるEDを心因性EDと言います。
体には異常がないのに起こるEDを機能性EDと呼ばれます。
神経選択物質が上手に海綿体の平滑筋細胞に作用していなかったりが原因で起こる可能性があります。
以上のことからも、EDの原因は様々ですが、勃起のメカニズムの一部がおかしくなる事で起こってしまうのです。

【年齢的に若年層は機能性EDが原因、高齢には器質性EDが多い】
全体的に見ると、心因性EDが52%なのに対して、器質性EDが48%とほぼ半々なのですが、年代別に見ると大きく変わってきます。
50代以上になると、男性ホルモン低下、動脈硬化など、器質性EDが多くをしめています。
反対に、若年層のEDは、心因性EDが大半をしめており、体の影響によるEDとは違った形になっています。
心因性EDの原因は重大なストレスとはかぎりません。
家族の死や、夫婦間の問題。
リストラ、子供、嫁姑、人間関係などのストレスが原因で起こっているケースや、過去のセックスの失敗によるトラウマなどから起こる場合もあります。
シアリスはこういった様々なケースに高い有効率を誇ります。